常識は疑え

公の面前で大げさに吐露することにしました。

株式

投資の仕組みを人間に置き換えてみた。(お金も社会の為に働きたい!の巻)

働かなくなって意識したこと。 ある程度の金額を貯めたところでそのお金は今後減っていく一方なんだなぁってこと。 孤独な人間が死を待ちながら生きるように自分の懐にある孤独なお金も消費されることを待つ(それをお金の死としよう)よりは社会との接点を…