読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常識は疑え

公の面前で大げさに吐露することにしました。

国政選挙は人気で決まるイス取りゲーム

先日、会社の労働組合絡みで、民進党候補の演説会に参加して参りました。

初めての経験なので、候補者が何を話すのか期待して行ったけれど、感じたのは、

 

『所詮イメージ戦略』

ということでした。朝ドラのテーマソング流したり、選挙期間中、汗を流して街頭で訴え続けていますよ!のフォトギャラリーだったり、イメージカラーを取り入れてみたり。

彼らの主張はいかに自らの団体は国民の事を考えていて、与党の政治は国民の事を考えていないか。ということに終始していたように感じます。切り取る場所によって人の印象なんていくらでも操作できるよね?っていうのが最近の自分の考え。

また、批判する際に、具体例が乏しかった。感情に訴えかけていてね。スピーチが上手い人が当選するんじゃなかろうかと思わせる。

僕が選挙の時に野党に実行して欲しいのは、公約だけでなく現状の政権運営バイアスをかませることなく、項目毎に採点化することだと思う。

採点が低い箇所はなぜその政策がダメで、自分たちはそれをどう改善するのかまで書いて欲しい。

現実的な問題を棚に上げて、理想論な公約を訴えかけて第1党になって失敗し続けたのはどこの政党だったのかな?

人気取りの選挙戦はやめて、(街宣車の名前ばっかり叫ぶのも)もっと国民を馬鹿にしない実直な選挙戦に変わって欲しいです。