読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常識は疑え

公の面前で大げさに吐露することにしました。

ロンドン市民、歩くの速っ!

 

2月2日〜10日の日程で、ロンドンまで旅行をしておりました。

その過程で、すごーく気になったことがあったんで、今日はそれについて述べていきたいと思います。

ロンドン市民は歩くのが速いのか?

その日は ドニントンパークへと行くために、朝も7時から出発し、挙句平日だった為に、地下鉄を出勤に使う人たちと一緒に乗ることになったわけですが、自分が道を歩いていると、自分より身長が15cmは低かろうという若い女性ビジネスマンが、

サッ!

と効果音を出したかは分かりませんが、それなりに早く歩いていると思い込んだ自分をあっという間に抜かして行きました。(日本でも速い方だと自覚はしています。)

 もうそこでびっくりして、すぐ様後ろを見ると、男性ビジネスマンが、自分の後ろでお前遅いわぁ!みたいな顔して、流れが滞っておりました。

 もうこの時点で涙目です。。(大げさ)

ロンドンの人に認めてもらいたいと思う気持ちから、アキレス腱とつま先に力を入れて私もスピードを上げました。もう、これ以上は早く歩けませーん!ちょっと、足がものすごく痛いんですけど!

しかし、後ろの男性ビジネスマンを少し引き離すことが出来てきました。よっし。

けれども、抜かれた女性には一向に追いつくことができません。どんだけぇ〜!イッコーにです。分かりにくくてすみません。)

結果、女性ビジネスマンから少し離されて駅に到着しました。このスピードで歩き切ると、なんだか充実感さえ感じるようになってきましたよw

実はみんな感じていた?ロンドン市民の歩く速さ

sekaisanpo.jp

blogs.yahoo.co.jp

mm-consulting.co.jp

ちょっと検索しただけで、イギリス人の歩くスピードに言及した記事がこうも沢山出て参りました。やっぱり日本人からすると違和感を感じる部分なんだなと思います。

なぜ歩くのが速いのか?理由を考えてみた。

1.体が大きいから?

単純な理由ではあります。やはり身長が大きいから足も長くて歩くのが速い。私が抜かれてしまった女性は、みんなが歩行スピードが速いから、知らぬ間に自分も早く歩けるようになった。そう考えます。

2.時間を大切にする?

イギリス人は家族を大事にします。遅くまで残業をする習慣がありません。早く会社に着いて、早く帰宅する。その為の早歩きなのか?

3.元祖鉄道王国故に?

鉄道は1本逃すと何分か待たなくてはいけません。我が日本に鉄道技術を伝え、世界で初めて電車を擬人化した国です。(トーマス)

 きっと鉄道で移動することが当たり前で、電車を待つのが嫌いなのではないだろうか?そう考えました。

速く歩けるのは良いことだ!

最後に、実際に速く歩くことによって、もたらされたメリットを挙げて行きます。

1.余計なことを考えなくなる。

一生懸命歩くことによって、歩いた後に始まる次の出来事にフォーカスできるようになった気がします。

2.時間の節約

当たり前のことですが、これはあります。

3.見栄えが良くなる。

常に目標があって、テキパキしていて、真面目。ちょっと野性味もある。周りの人はそんな勘違いを起こしてくれるかもしれません。

 

最後に、私はその後喋りながら歩いているカップルにも抜かされてしまいました。こっちは歩くことに一生懸命だったんだけどなぁ〜。。。