読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常識は疑え

公の面前で大げさに吐露することにしました。

ターキッシュエアラインズ

今回、暇を見つけてロンドンへの旅行を計画しました。

DeNAトラベルにて往復60000円という中々のお値段!(ステマじゃないよw)

www.skygate.co.jp

しかも航空会社はターキッシュエアラインズ!顧客満足度No.1の呼び声高い航空会社です。

このブログ自体は、トランジット地のトルコのイスタンブール国際空港より書いております。テロ事件が昨年発生したり、クーデターがあったりとあまり良いニュースは聞かないトルコですが、空港は国際色豊かで、様々なお店が朝の5時から営業しております。

成田空港を22時30分発の飛行機(良く出発時間が30分早まるという話を聞いていたが、今回も30分早まり、22時丁度の出発となりました。)

ターキッシュエアラインズ、サービスが良いという前評判でしたが、乗ってみてやはりサービスが良いと感じました。

私が乗っていて良いと思ったサービスは…

①タッチパネル式大画面モニター

ipadやその他タブレットPCのように、映画や音楽、フライト情報を表示してくれるモニターが付属しています。映画も見やすい。(しかし、消灯後は画面が明るすぎるのがちょっと問題か)そして画面にはUSBコネクターが付属しております。

 下手にコンセントを用意してもらうより、遥かに使いやすいです。USB充電スポット搭載スポットをまだまだ増やして欲しいものです。

②アメニティグッズ

スリッパ、靴下、アイマスク、クリームがセットになったアメニティグッズを配ってくれます。12時間以上という長いフライトですが、エコノミークラスでも、多少快適に過ごすことができます。

③食事

ビジネスクラスだとシェフがその場で調理してくれる!!(+60000円)

しかしエコノミークラスでも食事は中々良かったです。私が失敗したなぁと思ったのは、空港ですでにラーメンと点心セットを食べて満腹状態で飛行機に乗ったのですが、出発して1時間半くらいで食事が出てしまい、最初の食事をイマイチ満喫できなかったという所です。多少空腹状態で乗った方が良さそうです。

食事の前に、今日はこんなメニューが出ますよ。という、しっかりした紙で作られたメニュー表を配ってくれるので、ちょっと気分も盛り上がります。

 そして、到着前の食事では和食も配ってくれます。ご飯とパンが同じプレートに乗っているのは、オルタナティブ感が強いです(笑)

 更に特筆すべきは、食事以外でもおにぎりやサンドウィッチを配ってくれること。和洋折衷のバランスが心地よいです。 以前乗ったブリテイッシュエアウェイズではシーフードカップヌードルで、それはそれで悪くはなかったんですがねw